今年(2015年)の母の日の贈り物

ちょうど5年前(2010年)のことですが、下記のようなレビューをアップしました。

 

 

性に合わないようですが(笑)、、母の日に、島津亜矢のCDマキシシングル「感謝状~母へのメッセージ~」をプレゼントしました。当時は、離れて過ごしていたので、アマゾンからこっそり送り、メッセージも付けたと思います。今でも持っているのかもしれませんが、一昨年の暮れ(2013年12月)から一緒に暮らしていても、尋ねないようにしています。

 

 

しかし、今年(2015年)は、どうしようか、と迷っています。もっとも、気づいたのが本日(2015年5月8日)であり、ほとんど忘れていたことは確かです(笑)。5年前の時には、島津亜矢の追っかけを始めたばかりで、母とも時折、電話で話し、タイミング的にちょうど良かったのでしょう。けれども、その後は、母の日に贈り物をしていないため、今年ぐらいは、とも思っています。

 

そうは言っても、身近にいると、母の日だからと言って、改める必要はないかもしれません。日頃から何かしら有り難みを持っていれば、特別扱いはいらず、敬老の日などにも通じることであると思います。けれども、そう思える人ばかりではないことも確かであり、生意気なようですが、仕方ないことか、とも思います。

 

ともあれ、わたしが母の日にプレゼントするなら、島津亜矢関係のものと決めています。再び同じCDマキシシングルでは、洒落にもならず、リサイタルDVDやCDアルバムにも「感謝状~母へのメッセージ~」が収録されているものがあるので、そのどれかにするという選択もあります。あるいは、最近シングルリリースされた「かあちゃん」も、母の日に「掛ける」ことができるかもしれません。

 


– Amazon.co.jp –

 

けれども、この曲は、母との別れの歌であり、母の日の感謝にお似合いかと言えば、疑問が出て来るでしょう。下記のリンクをご覧になればお分かりのように、意地悪に解釈してしまう人もいるかもしれません。曲調は嫌いではないですが、歌詞に直接表現が多く、味気ない感じがするため、レビューとして取り上げませんでした。歌唱力は言わずもがなですが、やはり、母がまだ健在であるので、わたしのようなひねくれ者には、実に嫌な感じがします。(笑)

 

 

ならば、何が良いか?、と思いますが、わたしの母は、「夕焼け雲」が好きでありながら、先日レビューでアップした島津亜矢版を視聴していません。秘蔵ファイルがあるので、明後日(2015年5月10日)は、それでも見せて、お茶を濁そうかと思います。もっとも、当日、中央競馬もあるので、そちらに夢中になってしまうかもしれません。代わりに馬券を買ってあげるというプレゼントもありますが、そういうお金は、基本的に分別するのが、たとえ親子であろうと大事であると思っています。(笑)

 

 

今回は、当サイトのメインコンテンツとも言えるレビューではなく、母の日と島津亜矢に絡んだ個人的な雑感となりました。いつものことですが、悪文ばかりで、お役に立つようなことはあまりなかったかもしれませんが、ここまでお読みいただけましたら、誠にうれしい限りです。次回は、メインコンテンツに「一品」加えられれば、と思っています。その時もまた、よろしくお願いします。

 

 



記事リンク 新曲&年譜 ご感想