アニソン亜矢モ佳シ 月ニ続クハテーゼヲ望ム ムーンライト伝説

昨年(2015年)のことになりますが、11月3日に放送された「歌謡コンサート」に島津亜矢が出演していました。年が明けたのに今更、と思うかもしれませんが、それが気分屋たる当サイトの管理人です。録画していたとはいえ、きちんと視聴したのが年明けであり、やはり、性格というものはなかなか治らないものです。(笑)

“アニソン亜矢モ佳シ 月ニ続クハテーゼヲ望ム ムーンライト伝説” の続きを読む

亜矢ちゃんが素晴しくても、番組は最低 帰らんちゃよか 2015年紅白歌合戦

タイトルを見ればお分かりのように、結局、島津亜矢が出演した2015年紅白歌合戦を見てしまいました。当サイトの「雑記帳」で出場自体残念と書き、実に矛盾しているように思われるでしょう。けれども、お約束したように、録画での視聴です。(笑)

 

雑記帳 : 正直、出場は残念 2015年紅白歌合戦

“亜矢ちゃんが素晴しくても、番組は最低 帰らんちゃよか 2015年紅白歌合戦” の続きを読む

オールマイティーな安定感 Singer3

本年(2015年)10月21日に、シリーズ三作目となるCDアルバム「Singer3」が発売されました。ファンの中には、すでに購入された人も多々いるかもしれません。島津亜矢のカバー集でもあり、シリーズとしてすでに定着した感があるようです。

 

わたしも購入した一人であり、全体的な印象としては、記事タイトルに尽きます。歌謡曲がベースとなっていますが、島津亜矢がオールマイティーな演歌歌手であることを感じさせ、非常に安定感もあります。すんなり聞き入ることができ、心地良いアルバムであると思います。CDであるため、機械的な音が強いですが、島津亜矢の歌唱力で十分デメリットを補っているでしょう。

“オールマイティーな安定感 Singer3” の続きを読む

正直、出場は残念 2015年紅白歌合戦

すでにファンの方であればご存じでしょう。本年(2015年)の紅白歌合戦に島津亜矢が出場します。14年ぶり2度目ということで、一般的なファンであれば、大いに喜んでいるかもしれません。しかし、わたしの感想は、タイトルに尽きます。

 

正直、出場は残念です。

“正直、出場は残念 2015年紅白歌合戦” の続きを読む

民謡ソウルと呼んでみたい YOSAKOI祭唄

島津亜矢の持ち歌と言えば、何を思い浮かべるでしょうか? もしかしたら、「愛染かつらをもう一度」、あるいは、「感謝状~母へのメッセージ~」、さらに「流れて津軽」や「大器晩成」になるかもしれません。いずれの曲も、ファンであれば、お馴染みのものばかりです。

 

わたしも、追っかけ歴5年程とはいえ(笑)、島津亜矢の持ち歌と言えば、概ね上記の曲を思い浮かべます。しかし、それら以外でも、今回取り上げる「YOSAKOI祭唄」を連想し、彼女に非常に似合った一曲であると思います。すでにこのサイトでも、少し言及している記事がありますが、わたしの言葉にすれば「民謡ソウル」とも言え、日本の祭に相応しいノリの良い一曲です。

 

- まだまだ物足りない 2010年5月23日放送 スペシャルステージ

“民謡ソウルと呼んでみたい YOSAKOI祭唄” の続きを読む